お母さまのための七五三

七五三の由来

三歳、五歳、七歳と成長の節目に、家族が集まってお祝いし、神様に無事成長したことを感謝して、これからの将来の幸福と健康をお祈りするのが七五三の行事。  もともとは、宮中や公家の行事でしたが、江戸時代、一般的に広く行われるようになりました。
昔は今と違い、子供が無事育つことは大変でした。そこで七歳までは「子どもは神様からの預かりもの」という思いがあったのでしょう。七五三というお祝いの文化は、この考えをもとに生まれたのだそうです。明治時代になって、ほぼ現代のかたちになったといわれています。

*

お祝いする歳

かつては、数え年で、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男の子が五歳、女の子が三歳、七歳でお祝いすることが一般的になっています。(地方によって多少は変わります)
また年齢にこだわらず、兄弟、姉妹で同時に済ますこともあります。

なぜ七・五・三歳?

日本では奇数を陽数、偶数を陰数といって奇数は縁起のいい数という考え方があります。元旦や雛祭り、五月の節句など、多くの節句が奇数の重なる日というのも、ここから来ています。

千歳飴

千年飴、寿命飴ともいう祝い菓子。神社によっては供饌(ぐせん)菓子として分けるところもあります。鶴亀や松竹梅などおめでたい柄がお祝いムードを高めます。

*

なぜ十一月十五日?

この日が「鬼宿日(きじゅくにち)」といい、鬼が出歩かない最良の日とされていました。また、江戸時代の徳川将軍家由来によるものなど、さまざまな説があります。
現在では、日にちにあまりこだわらず、前後の祝日など都合の良い日に行われます。また、お子さまの負担を考えて、お参りの日と記念撮影の日を変える、できるだけ混まない日を選ぶなどの方法もあります。

*

七五三の衣装

晴れやかな一日、お祝着をあれこれ選ぶのは楽しいものですね。
着物の場合、三歳の女の子は肩揚げをした着物に、被布(ひふ)というベストのようなものを羽織ります。帯は兵児帯を結ぶか、着物に付いている紐を結ぶ場合もあります。
五歳の男の子はベーシックなものであれば、黒の紋付羽織に仙台平(せんだいひら)の袴。現在では、羽織のデザインも多彩で、鷹や龍、兜など勇ましい柄が人気です。袴は有職文様など格調高いものもあります。
七歳の女の子の着物は色、意匠ともおしゃれなデザイン、さまざまなタイプがあります。格調高い総絵羽の振袖から、カジュアルでかわいい小紋まで、いろいろ選べるのがうれしいですね。
最近は、クラシックなイメージのものも人気です。帯、帯締、帯揚など小物や、ヘアアクセサリーを、全体のバランスを見てトータルにコーディネイトしましょう。

*