卒業袴に必要な和装小物と選び方を解説。
防寒対策もしっかりしよう

2021年12月23日

卒業式に袴を着るためには、着物や袴以外にもさまざまな和装小物が必要です。和装に慣れていない方は、「何を準備すればいいかわからない」「自分で全部そろえなくてはいけないの?」と悩んでしまうかもしれません。
この記事では、卒業袴に必要な和装小物と選び方を解説します。また、卒業式シーズンは寒い日も多いため、防寒対策も必要です。冷えを防ぐために便利なアイテムも合わせてご紹介します。

卒業式で袴を着るときに必要なもの

卒業袴は着物の上に袴を重ねて着付けますが、着物と袴以外にもさまざまな和装小物が必要です。まずは卒業袴に必要な和装小物には、どのようなものがあるか見ていきましょう。

袴帯

袴の下に土台として結び帯のことを袴帯といいます。ほとんど袴に隠れるのですが、正面から見たときに数センチ見えるように着付けるため、着物や袴の色とコーディネートすると、袴姿がより華やかになります。

長襦袢(ながじゅばん)

長襦袢は着物の下に着用する下着なので、着物の丈や袖丈に合わせてサイズを選びましょう。長襦袢は着物を汚れから守り、着物の滑りをよくして動きやすくする役割があります。また、長襦袢は着物の襟を汚れから防ぐために半襟を縫い付けて着用します。最初から半襟がついたものを選べば縫い付ける手間が省けるでしょう。

肌襦袢(はだじゅばん)

肌襦袢も和装下着で、長襦袢の下に着用します。着物は汗や皮脂がついても簡単に洗えないため、着物と肌が直接触れないように肌襦袢を着て着物の汚れを防ぎます。そのため肌襦袢の大半は、汗を吸収しやすい素材です。
肌襦袢には主に2つの種類があります。1つはスリップタイプで、ワンピースのような形をしています。もう1つは上下に分かれているタイプで上半身は肌着、下半身は裾除けです。

半襟

半襟は長襦袢に縫い付けて使います。最初から半襟がついた長襦袢を選べば、縫い付ける必要はありません。半襟は、お化粧などで汚れやすい着物の襟汚れを防ぐ役割があります。着物を着たときに少し見えますので、刺繍入りなどを選んで着物とコーディネートするのもよいでしょう。

重ね襟・伊達襟

重ね襟は伊達襟とも呼ばれ、糸やクリップで着物の襟につけて使います。着物の襟と半襟の間に色が入るため、何枚かの着物を重ね着しているように見えて華やかです。半襟とは違って必ず必要なものではありませんが、使うことによって襟元をおしゃれに装飾してくれます。

襟芯(えりしん)

襟芯は、細長いプラスチック製の板で、長襦袢と半襟の間に通して使います。襟芯を使うことで襟元のラインが整うので、着物姿が断然美しくなります。

腰ひも

腰ひもは、着物の着付けや長襦袢を着るときに必要です。また、帯を結ぶときに一時的に固定する仮ひもとしても使います。着物の形を整えたり、着崩れを防いだりする役割があるため、4〜5本程度は用意しておきましょう。ある程度幅が広いものを選んだ方が食い込みにくいです。

伊達締め

伊達締めは、長襦袢や着物の上に締める幅広いひもです。襟合わせやおはしょりを押さえ、着崩れを防ぎます。長襦袢用と着物用の2本用意しましょう。

コーリンベルト

コーリンベルトは、平ゴムの両端にクリップがついたもので、長襦袢や着物の襟、おはしょりを押さえて、着崩れしにくくする役目があります。必ず使わなくてはいけないものではありませんが、使った方が安心でしょう。

足袋・ストッキング

袴に草履を合わせるときは、足袋が必要です。伸縮性のあるストレッチタイプを選ぶと足への負担が少ないため、疲れにくいでしょう。式典で履く足袋は基本的に白足袋です。刺繍のワンポイント程度であれば許容範囲ですが、色付きや柄物はカジュアルな印象になるため、フォーマルな場では避けた方がよいでしょう。また、ブーツを合わせる場合はストッキングの用意が必要です。

草履・ブーツ

着物や袴の雰囲気や、なりたいイメージから、足元は草履かブーツを選びましょう。草履を選ぶと古典的で上品な印象を与えます。袴に合わせる着物に決まりはありませんが、最近は袖が短い二尺袖の着物が一般的です。二尺袖の着物はデザインが豊富なので、着物の色や柄に合わせて草履を選ぶとよいでしょう。かかとは3〜5cmのものがフォーマルな場にふさわしいです。
また、ブーツを選ぶと大正時代の女学生のようなハイカラさんの雰囲気になれます。ブーツは編み上げブーツが一般的ですが、シンプルでタイトなデザインであれば編み上げブーツでなくても構いません。色は黒か茶で、ヒールの高さは5cm〜8cm程度、足が見えないように筒丈は15cm以上のものがよいでしょう。

袴に合わせて使う和装小物

袴に合わせて使いたい和装小物の種類や、選ぶときのポイントをご紹介します。

巾着

手荷物を入れるバッグは、口の部分に通されたひもで開閉する巾着が定番です。巾着の色や柄は、着物と合わせるとよいでしょう。巾着が定番ではありますが、モダンな小ぶりのバッグも似合います。

髪飾り

着物や袴の華やかな雰囲気に似合うように、ヘアアレンジして髪飾りをつけるのが一般的です。和風の髪飾りやアートフラワー(造花)、リボンなど、袴に似合う髪飾りにはさまざまなタイプがあります。着物や袴に使われている色に合わせるとまとまりが出て袴姿を引き立てます。

和装ブラジャー

和装に適しているのは茶筒の体型なので、メリハリがある体型が理想とされる洋装とはブラジャーの機能が異なります。洋装のブラジャーは胸を寄せたり上げたりして形良く見せるためのものですが、和装ブラジャーは和装に合う美しいラインを作り出すものです。また、一般的なブラジャーはワイヤー入りが多いものですが、ワイヤー入りのブラジャーをつけたまま着物を着ると、ワイヤーが食い込んで痛くなることがあります。和装ブラジャーにはワイヤーが入っていないため痛くなりません。
和装には和装ブラジャーがおすすめですが、ご用意がない場合は、ブラジャーはせずにキャミソール等を着用するとよいでしょう。

和装ストッキング

和装ストッキングは和装用の膝下ストッキングで、かかととつま先が出ているので、足袋の下に着用できます。裾の滑りがよくなり、足さばきがよくなることや、防寒対策として履くものです。絶対に必要なわけではありませんが、足元の冷えが気になる方は、用意しておくとよいでしょう。

補正用品

着物が似合う茶筒のような体型に補正するための補正用品もあります。タオルで代用する場合は3〜5枚程度用意しておくとよいでしょう。

袴に合わせた小物の選び方

和装小物には、「着付け小物」と「装飾小物」があります。巾着や髪飾りなどの装飾小物は着物や袴とコーディネートして選びましょう。

袴に合わせる巾着は、ちりめん生地や西陣織など、しっかりした生地が定番です。この中に財布やスマホなど貴重品を入れますので、形が崩れないように底板がしっかりしているものを選びましょう。また、巾着の色は、着物や袴に使われている色を選ぶとまとまりが出ます。大きな柄の着物には、おとなしい柄の巾着、反対に小さな柄の巾着には華やかな柄の巾着というように、バランスを考えて選ぶのもよいでしょう。

また、髪飾りはなりたい雰囲気に合わせて選ぶことをおすすめします。たとえば古典的なスタイルにしたい方はヘアスタイルをアップにしてつまみ細工の髪飾り、ハイカラさんスタイルにしたい方はハーフアップにして大きめのリボンというように。髪飾りの色は、着物や袴に使われている色から選ぶとまとまりが出ます。

小物は袴と一緒にレンタルできるものも多いため、レンタルできるものと自分で用意すべきものを確認しておきましょう。

卒業式の防寒対策

卒業式がおこなわれる3月はまだ寒く、式典の会場となる講堂や体育館は冷え込む可能性が高いです。学生生活最後の日を快適に過ごすためにも、防寒対策できるアイテムをしっかりと活用しましょう。

薄手で暖かいインナー

袴を着るときは、インナーで防寒対策しておきましょう。長襦袢の下に、着物に響かない薄手で暖かいインナーを着るのもおすすめです。その場合、襟ぐりからインナーがのぞかないように、襟ぐりが大きく開いたものを選びましょう。また、長袖のインナーは袖口からのぞくことがあるため、5分丈くらいのものを選んでください。

レギンス

女性用の卒業袴は男性用とは異なり、行灯型と呼ばれる筒状になっています。そのため空気が通りやすく冷えやすいため、下半身の冷え対策もしておきましょう。下半身の防寒対策には、レギンスがおすすめです。ただし、裾からのぞかないように、短めのものにしておきましょう。また、股上が深いと腰ひもを結ぶときに締めてしまうため、お手洗いが大変です。股上が浅いものを選びましょう。

小物もセットのレンタルプランが便利

卒業袴に必要な和装小物は多いため、一つずつそろえるのは大変です。しかし、卒業袴をレンタルすれば、小物もセットになったプランがあります。レンタルする着物や袴に合わせた和装小物を選べますので、効率よく準備できるでしょう。

卒業袴レンタルのマイムでは、すべてそろったお得なレンタルプランをご用意しています。税込みで66,000円・77,000円・88,000円の3つのプランがあり、プランによって選べる着物や袴の種類が異なりますが、セット内容は同じです。

  • 着物
  • 着付け
  • 記念写真(1ポーズ+CD)
  • ヘアアレンジ
  • 袴帯
  • 巾着・バッグ
  • 草履
  • 着付小物
  • 肌着スリップ
  • ストレッチ白足袋
  • 髪飾り

この中の肌着スリップ、ストレッチ白足袋、髪飾りはプレゼントです。また、オプションで草履をブーツに変更したり、写真を2ポーズに増やしたりすることも可能です。

  • 草履→ブーツ(プラス2,200円)
  • 写真1ポーズ+CD→2ポーズ+CD(プラス2,200円)
  • ほっとレンタル(+550円)

ほっとレンタル」は、予期せぬ汚損や破損を無償でサポートするサービスで、お客様に任意でご加入いただけます。ブーツをお選びの場合、ストッキングはセットになっていませんので、膝下ストッキングなどをご用意ください。

また、自前の着物をご利用の方には、「お持込みらくらくセット」をご用意しております。こちらの料金は55,000円からで、次のセット内容になっています。

  • 着付け
  • 記念写真(2ポーズ+CD)
  • ヘアアレンジ
  • 袴帯
  • 巾着・バッグ
  • 草履
  • 着付小物
  • 肌着スリップ
  • ストレッチ白足袋

肌着スリップとストレッチ白足袋はプレゼントです。当日は着物、長襦袢、重ね襟、髪飾りのみお持ちください。どちらのプランも巾着と草履はおまかせでのご用意です。

レンタルプラン|マイム|卒業袴・振袖

まとめ

卒業袴を着るときは、さまざまな小物が必要です。和装に慣れていない方が全部準備するのは大変でしょうが、レンタルのセットプランを利用すれば、自分で何もかも用意しなくてすみます。レンタルセットに含まれているものと自分で用意するものをしっかり確認しておきましょう。冷えやすい方は、防寒対策できるアイテムを忘れないようにして、思い出に残る素敵な卒業式にしてください。

卒業袴のレンタルはマイム | 学校試着予約会・提携校は全国300校以上!

PAGE TOP